東京都三鷹市の整備・板金工場、カーコンビニ倶楽部  車修理/車の板金/塗装/キズ/へこみ/デントリペア/国産車・外国車修理/自賠責保険取扱代理店   

走行中に飛び石がフロントガラスをヒット!!
ピシッ!という音と共に生じる、飛び石等による上の写真のような傷。

できるだけ早めに私どもにご相談ください。

◆現代ではフロントガラスに“合わせガラス”が採用されています。
その為ドアガラスなどに使用されている強化ガラスのように一気に目の前の視界が遮られる(下の写真)ことはありません。                                   
.しかし、その傷を放っておくと車検が通らないばかりか、そこからヒビが広がり、最悪ガラス交換・・・といった事態にもなりかねません。

ガラス交換・・・となるとその出費は大変なもの。
もちろん、リペアが不可であれば交換しなければいけないのですが、修復で済むのであればそれにこした事はないと考えます。

ガラスを交換する事に比べて、かなり安価で手軽なガラスリペア・・・

◆その良い点はやはり廉価で、しかも早く修復出来ること、そして車検もOK!さらにリペア前に比べ強度も上がり安心感も高まります。

◆他方良くない点としては、どんなに丁寧に修復してもどうしても修復跡が残ってしまうことがあげられます。

デントリペアにも携わっている立場からは
“デントリペア”の場合は条件が良ければ修復跡はリペアした本人さえもわからなくなるほどです。
しかし、ガラスリペアの場合は割れた部分をレジンという特殊樹脂で埋めることにより傷を目立たなくするというのが基本であり、ご案内のように決して新品のガラスに戻るということではありません。


ガラスリペアに関してもデントリペア同様、技術力にかなり左右されるものです。
経験を積んだ信頼の技術力で、こだわりを持って作業を行えば、お客様にとって満足度の高い、綺麗な状態に仕上げることが可能だと私どもは考えています。
≪ご注意≫残念ながらキズの大きさ、深さ、部位により“ガラスリペア”では修復できない場合が有ります。まず、スタッフまでご相談ください。



フロントガラス・リペアのポイントはまずその傷の状態を見極めること・・・。

●衝撃点の状態はどうなっているか?
●ヒビの深さ、形状は?
●他に見えないようなヒビはないか?
●そのヒビはどこまで広がっているのか?
・・・等々

また使う機材も重要です!
しっかりとキズ内部を真空処理してレジン(特殊樹脂)をヒビの先端まで行き渡らせる事!
そのために何度もチェックをくり返し<
キズ内部全てにレジンの浸透を確認したら紫外線ランプを使用して強制的に硬化させ、表面処理も施してガラス表面と同じレベルに均して終了です!

反射具合でうっすらとヒビが見えることもありますが、内部までレジンが浸透してガラス強度には問題ありません。

ただし、中心の衝撃点はその大きさにより目立ち具合が変わり、
ガラスに付いた水滴のような感じで残ってしまいますので、運転席の目の前等だと少し気になってしまうかもしれません。

フロントガラス・リペアはキズを発見したら即リペアが効果的!・・・・・です。
( 時間が経ってしまうと、キズが拡がってしまったり、汚れが入り、リペアが出来なくなる事もあります。 )





施工例(1)  
ここに掲げる写真はすべて、キズ部分を判りやすくするため、撮影背景にミラーを置いて撮影しています。 


施工例(2)  


施工例(3)  


施工例(4)  


●“フロント・ガラス修理”に関するご質問・お問い合わせは、このページ左側の
お問い合わせメール”よりお願いいたします。

またフロントガラス以外のガラス修理・交換に関しても“お問い合わせメール”
または電話にて承ります。 ご遠慮なくお申し付けください。



ホーム  会社紹介  自動車整備・修理について  車検について  板金・塗装について 
デントリペアとは  ガラス修理・交換について  ドレスアップ  
 お客様の声   スタッフ紹介    お問い合わせ  地図